壁紙の張替え、塗り替え、クロスメイク、クロスホワイト(吹付塗装)、カラーペイントなどの内装リフォーム専門店

〒343-0825 埼玉県越谷市大成町1-2132

無料相談、見積りはお気軽に!

0120-966-912

受付 ☎9時~19時 ✉24時間365

ご連絡の際に「ホームページ見た」とお伝え下さい

低価格で壁紙をリフォームする秘訣

ここでは、壁紙を格安・低価格でリフォームする秘訣をご紹介します。

その前に自分に合ったリフォーム業者を選ぶ際の一番のポイントは、「自分がリフォームで重視するのは何か確認する」ことです。詳しくは→「失敗しないリフォーム業者の選び方」を参照ください。

 

今回は業者選びで一番重視することを「低価格」として、業者選びの3つの秘訣をご紹介します。

  • 1
    中間マージンは極力カットすべし
  • 2
    会社の規模や宣伝広告費などの経費をみるべし
  • 3
    張り替え以外のリフォーム工法も選択肢もいれるべし

低価格で壁紙をリフォームする秘訣その①
中間マージンを極力カットすべし

相場よりも低価格で壁紙をリフォームする方法として、一番重要なことはその業者の内部組織を知ること、つまりその業者が「自社施工」で対応できるのか「外注」で下請け業者に依頼するのかを知るということです。

 

方法としては見積りを依頼する際に単刀直入に「御社は自社施工ですか?外注ですか?」と聞いてください。

(業者によっては都合が悪いので、本当のことを教えてくれない可能性もあります)

 

自社施工」で行う業者の場合は問題ありませんが、「外注」に委託する業者の場合は、そこには必ず「中間マージン」が発生します。

 

中間マージン」とは平たく言えば「紹介料」です。

 

リフォーム業界では、この中間マージンが常識となっています。

窓口となった業者(元請け業者)が施工を下請け業者に依頼する際に、2割ぐらいの利益を乗せます。

 

元請け業者としては、職人を雇用する必要がなく固定費が削減できますし、下請け業者もお客さんを紹介してくれるので、持ちつ持たれつの関係で成り立ってます。

この中間マージンは業者側からすれば、非常に便利な仕組みと言えます。

 

できるだけ安くリフォームを依頼するためには、内部組織の構造上、外注で下請けに依頼する業者よりも自社で施工できる業者の方が中間マージンが発生しない分、安く提供できる可能性が高いはずです。

また、自社施工の方がスケジュール調整や価格相談などの融通が利きやすいという面があります。

 

ちなみに、今流行りのリフォーム業者を検索できるポータルサイトも元請け業者と同じ位置づけと言えます。

ポータイルサイトに登録している業者は、そのサイト経由で来たお客様からの売り上げ金額の約2~3割ほど中間マージンとして支払っています。

 

まずは、その業者が「自社施工」なのか「外注」なのかを見極めることが大事です。

低価格で壁紙をリフォームする秘訣②
会社規模や広告宣伝費などの経費を見るべし

小売業では一般的には資金のある大会社ほど低価格で商品を提供できると言われています。

例えば、100円ショップは1つの商品を大量の仕入れることで仕入れコストを下げて、その分お客さんに安く提供しています。

 

「一般的な大企業の法則」

資本がある大会社=大量仕入れ(大量生産)=コストを下げる=低価格で提供できる

 

しかし、リフォーム業界では資本がある大会社の方がむしろ施工価格が高いという現象が起こります。

なぜなら、リフォーム現場では職人が現場ごとに一つ一つ施工する必要があり、流通業界のように機械で大量生産してコストを下げることはできません。

 

だから、会社の規模が大きくなれば、リフォーム工事に必要な最低費用(材料費+職人の人工)に、事務所の固定費、社員の人件費、広告宣伝費、会社の利益などを上乗せしないと経営ができないため、その分だけリフォーム施工価格は高くなります。

 

一方、小規模会社・個人事業の職人達は、自分と家族の生活さえできればいいので、リフォーム工事にかかる最低限の価格でも事業として継続して運営できるわけです。

 

事務所にかかる固定費、人件費、法人利益などを上乗せする必要がありませんので、直職人にリフォーム工事を依頼する方法が低価格でも引き受けてもらえる可能性が高いのです。

 

「リフォーム業界の法則」

 

資本がある大会社=固定費、人件費、広告宣伝費、法人利益を施工価格に上乗せ=価格は高くなる

小規模業者・個人事業の職人=リフォーム工事にかかる最低限の料金でも運営できる=価格は安い

 

まとめると、壁紙リフォームに限らず、リフォーム全般で「価格」を重視する場合は、

大手会社より小規模業者や個人事業の職人の方が、同じ工事内容でも低価格で施工が可能になるということです。

 

価格を重視する場合は、ぜひ業者選びの参考にしてみてください。

低価格で壁紙をリフォームする秘訣③
「張替え」以外のリフォーム工法も選択肢に入れるべし

「張替え」の工程は、①「元の壁紙を剥がす」②「下地処理する」③「壁紙に糊付けする」④「壁紙を張る」⑤「剥がした壁紙の処分」と①~⑤までの工程があります。

 

現場によって多少の差はありますが、6畳洋室の天井壁を1人のクロス職人が壁紙を張替える場合、①~⑤までの工程で行えば施工時間は丸1日かかると思います。

 

施工現場で最低限かかる費用はクロス代、糊代などの「材料費」と職人の1日分の人件費「人工」の合計金額となります。

 

この場合、材料費は約万円ほどになり、職人への人工は1日平均2.5~3万円と相場があります。

材料費と人件費を合計すると、1ルームの壁紙張替えでは約4~5万円が最低限かかる費用となります。

 

元請け業者はこの価格に「中間マージン」乗せて5~6万円ほどで見積りを提供しています。

 

これ以上値引きするには、中間マージンをカットするか、職人の人工を減らすしかありませんが、

職人にも生活があるので大きく値引きすることは難しいところです。そうなるとますます職人になりたいと思う子供たちも減ってしまうでしょう。

 

つまり、壁紙張替えというリフォーム工法では価格下げる余地がほとんどないのが現状だといえます。

 

それでもリフォーム費用を削減するには、それなりの根拠が必要になります。

 

結論を言えば、壁紙を張替えないリフォーム工法、業界の常識を打ち破るようなやり方をすればいいのです。

 

一方、当社が提供している特許工法「クロスメイク」では、6畳洋室の壁紙をリフォームする場合、作業時間は3時間~4時間、「クロスホワイト」では3LDKのファミリータイプも2日間で施工することが可能なのです。

 

これらのリフォーム工法は施工時間が短縮できるリフォーム工法だから、その分張替えよりも格安・低価格で施工できるのです。

 

当店壁紙リフォーム屋さんでは、従来工法の張替えだけではなく、塗替え「クロスメイク」や吹付塗装「クロスホワイト」ができる壁紙リフォーム専門店です。

お見積りは無料です。

お気軽にご相談ください。

埼玉・東京・千葉対応の壁紙リフォーム専門店「壁紙リフォーム屋さん」

  質問などお気軽にお寄せください

無料相談はこちら

無料相談はお気軽にどうぞ

0120-966-912

受付 電話  時~18
   メール 24時間365
  (土日も休まず営業中)

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

主な対応エリアはこちら

当店は、本拠地埼玉県を中心に
東京、千葉、神奈川、茨城、群馬、栃木の関東一円とエリアを拡大しています。

足立区、荒川区、板橋区、江戸川区、大田区、葛飾区、北区、江東区、品川区、渋谷区、新宿区、杉並区、墨田区、世田谷区、台東区、中央区、千代田区、豊島区、中野区、練馬区、文京区、港区、目黒区、武蔵野市、東村山市、小平市、小金井市、三鷹市、調布市、狛江市、国分寺市、府中市など
越谷市、春日部市、草加市、三郷市、川口市、さいたま市、吉川市、幸手市、久喜市、戸田市、白岡市、蓮田市、加須市、羽生市、行田市、上尾市、桶川市、鴻巣市、川越市、東松山市、富士見市、志木市、新座市、和光市、狭山市、入間市、所沢市、熊谷市、深谷市、本庄市など

松戸市、流山市、柏市、市川市、野田市、我孫子市、白井市、鎌ヶ谷市、船橋市、八千代市、習志野市、千葉市、佐倉市、市原市、成田市、八街市、富里市、印西市、袖ヶ浦市、木更津市、君津市、富津市など
 

神奈川県
横浜市、川崎市、相模原市、藤沢市、大和市、茅ケ崎市、海老名市、秦野市、座間市、綾瀬市、平塚市、横須賀市、鎌倉市、逗子市、伊勢原市、厚木市、寒川市、大磯町など
 
茨城県
つくば市、土浦市、守谷市、取手市、龍ヶ崎市、牛久市、石岡市、稲敷市、小美玉市、水戸市、ひたちなか市、笠間市など

 
栃木県
栃木市、小山市、佐野市、足利市、鹿沼市、真岡市、宇都宮市など

 
群馬県
太田市、伊勢崎市、館林市、前橋市、桐生市、高崎市、藤岡市など


※遠方の場合は、お電話やメール、LINEでのオンラインオンラインでの対応となります。

またご依頼内容によりその他エリアにも対応いたしますので、まずはお気軽にご相談下さい。